アプリ開発

FlutterのDatePickerの公式サンプルで例外が出てしまう件の対策

投稿日:2020年1月5日 更新日:

flutter –version

今回実施したflutterのバージョンは下記です。


DatePicker

カレンダーを表示して日付を取得できるウィジェットなのですが、公式HPのサンプルを実行すると例外が出て実行できませんでした。(2020/01/05現在)

DatePicker 公式

例外が出ないように修正しました。

pubspec.yaml

intlを追加してください。

main.dart

過去の日付が選べない。

ただ、この場合だと過去の日付が選択できないようです。未来の日付は選択できるのですが。。。引き続き調査が必要です。

できた

firstDate: http://DateTime.now().subtract(Duration(days: 1)),

firstDate: http://DateTime.now().add(Duration(days: -1095)),

に変更したらできました。


-アプリ開発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

Dartのクラスのコンストラクタについて

「コンストラクタ名.任意名称」と記述することで複数のコンストラクタを定義することが可能です。 DartPadで確認してみました。 ソース [crayon-61e7c5a930b84919613569/ …

FlutterのNumberPickerを動かしてみた。

NumberPickerとは? スワイプして数値を選択する機能です。 numberpicker.dartをダウンロードする 下記のHPに行って右のRepositoryからソースコードのzipをダウンロ …

AndroidアプリのRelease版でFirebaseのauthのsha1の登録

Google Playでの設定場所が変わっていたので新しい記事を作成しました。 AndroidアプリのRelease版でFirebaseのauthのsha1の登録(2021年版) Release版のア …

charts_flutterについての覚書

Flutterでグラフを描画するためのライブラリでGoogleが提供しているcharts_flutterというのがあるのですが、それについての覚書です。 pubspec.yaml について 下記のよう …

no image

ImageMagickの使い方

正方形の画像を作成

正方形の半透明の画像を作成