アプリ開発

app-ads.txtによる広告の制限が始まったみたい(前編)

投稿日:2020年2月15日 更新日:

2/5にadmonから下記のような題名のメールが来ていました。

「app-ads.txt を活用してアプリを保護」

そうだった。そういえばapp-ads.txtの設定をしていなかったと思い、Twitterで聞いたりしてなんとか設定したのです。

  • Play Consoleの各アプリ → ストアでの表示 → ストアの掲載情報 → 連絡先情報 → ウェブサイト にURLを記載。(私の場合は自分で持っている独自ドメインのアドレス)
  • 独自ドメインのサーバの/var/www/htmlにapp-ads.txtを作成してadmobで記載されている内容を貼り付け。

以上でadmobのウェブ上では認識されたようなのですが、なんかおかしかったんです。

パブリッシャーIDが見つかりません。

っていやいや、こっちはそっちが載せてたセンテンスをコピーして貼り付けただけなんだけど。。。と思いながらIDを何回も確認しましたが、やっぱり間違ってはいないようでした。

しばらくしたら認識されるのかなと思って放っておいたのですが、今日admobの表示回数を見てみたら

ページビューが3279回に対して表示回数が2回になっていました。

admobのフィードバックから問い合わせしたのですが、今のところ特にレスポンスは無いです。

一回、app-ads.txtを削除してadmobのウェブ上で認識されないようにしてから再度作成してみて様子をみようかなと考えています。

んー、しかしその間広告収入が得られないのは痛いな。って大した額では無いですけどね。

ということで、進展があったらまた書こうと思います。

以上です。

-アプリ開発

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

AndroidアプリのRelease版でFirebaseのauthのsha1の登録(2021年版)

以前書いた記事でPlay Consoleがリニューアルしてアプリの署名の場所が変わってしまったので修正します。 Release版のアプリを起動する度にauthの画面が出てしまう現象に突き当たりました。 …

no image

2019年 個人開発の振り返り

2019年もあと数日となったので、今年の個人開発での振り返りをしたいと思います。 出来事 遅カメがApplivで紹介された。 Wifi Setting Helperを公開した。 3アプリを公開停止にし …

app-ads.txtによる広告の制限が始まったみたい(後編)

昨日の続き。 今日、admobのウェブを見たら、app-ads.txtがちゃんと認識されてました。 アプリの広告の表示回数も戻ってましたww 以下の方法を試しましたが、どれが効いたのかよくわかりません …

charts_flutterについての覚書

Flutterでグラフを描画するためのライブラリでGoogleが提供しているcharts_flutterというのがあるのですが、それについての覚書です。 pubspec.yaml について 下記のよう …

Google Playのダウンロード数バッジが更新されない件をサポートにメールで聞いてみた。

Google Playに表示されるアプリのダウンロード数のバッジがあるのですが、あれって50回以上になると表示されるんです。(オレンジの枠の部分) 0〜49 表示なし 50〜99 50 100〜499 …